space
東陽園
line
space

ショッピング

space

おいしいお茶の入れ方

■旨みと緑の香りを楽しむ入れ方で

〜玉露・煎茶・釜炒り茶・中国緑茶〜

お茶の旨みを引きだすには、湯に溶け出すお茶の三大成分のバランスがポイントです。

space

1.まず十分に沸騰させたお湯を急須に注ぎます。(湯温は約10度下がります)

2.次にお湯を急須から人数分の茶碗に注ぎます。(また約10度下がります)
※この手順には、茶器を温める・お湯の量を量る・湯温を下げるという3つの意味があります。

動画broadbandnarrowband

3.茶葉の量は茶種によって異なりますが、一人分ティースプーン一杯(2〜3g)が目安です。但し一人で楽しむ場合は少し多めの茶葉が必要です。

4.急須に人数分の茶葉を入れ、湯冷まししたお湯を茶碗から急須に注ぎお茶が浸出するのを待ちます。
※茶葉の性質により最適な浸出時間には差があります。

space
動画broadbandnarrowband

5.茶碗に均等の濃さと湯量になるようつぎわけ、最後の一滴まで完全に注ぎきります。
※注ぎ切りが十分でないと、一煎目に旨味が不足し二煎目に渋みが増します。

動画broadbandnarrowband

6.二煎目を入れる場合は、こんな湯冷まし用の器があると便利です。まず湯冷まし用の器に適量のお湯を注ぎ、一煎目よりやや熱めの状態で急須に注ぎます。

7.一煎目で茶葉が開いているため、少しだけ間をおいてから一煎目と同じように茶碗に注ぎ切ります。

動画broadbandnarrowband
line

■華やかな香りを楽しむ入れ方で

〜焙じ茶・玄米茶・紅茶・烏龍茶〜

高い香りを引きだすには、沸き立ての熱湯から立ちのぼる熱い蒸気がポイントです。

1.使用する茶器(急須と茶碗)はあらかじめ温めておきます。
2.お湯は沸き立ての熱湯を使用し、茶葉の量は一人分ティースプーン一杯(2〜3g)が目安ですが、茶葉のかさにより調節が必要です。
3.急須に人数分の茶葉を入れ、人数分の熱湯を注ぎます。浸出時間は茶葉の種類・形状・揉みの堅さにより異なります。
4.浸出時間が経過したら、茶碗に均等の濃さと分量になるようつぎわけ、最後の一滴まで完全に注ぎ切ります。
5.焙じ茶や紅茶は一煎目でおいしさがほとんど出てしまいますが、中国茶は二煎目以降も浸出時間はやや長めにしてお楽しみいただけます。

(C)Copyrights TOYOEN 2003-2008. All Rights Reserved.